尾川堅一

尾川堅一/試合結果
試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL21 09.DEC.2017

試合結果

Warriors Collide
IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】テビン・ファーマー(米国)


尾川堅一2-1の判定で下して世界初挑戦でベルト!

尾川堅一ついに世界の頂を極めた。
途中、ファーマーを捉えきれず、
カウンター攻撃を受ける場面もあったが、
攻め続け、日本拳法でつちかった一撃必殺の右ストレートで優勢を保った
日本選手が本場米国で世界王座に就くのは、36年ぶり。
帝拳ジムからIBF王者を出すのも初と
本人がこだわった勝利と名前を刻むことは
異国の地で拳をもって達成され、さらに突き進む!
12R 判定勝ち

現在の戦績:24戦 23勝 1敗 17KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL20 01.JULY.2017

試合結果

ダイナミックグローブ562
メインイベント 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】山元浩嗣(ワタナベ)


尾川堅一「5度の防衛に成功!」文句無しのTKOで倒す!

王者尾川堅一(29=帝拳)が挑戦者の同級13位山元浩嗣(33=ワタナベ)を
2回2分TKOで下し、5度目の防衛を果たした。
前日『やっぱり強いと思わせたい』とコメントしていた尾川は左フックから
右ストレートの連打でリズムをつかみ、2回までに計3度のダウンを奪い、
タオル投入を呼び込んだ。
昨今2試合は判定が続き「ホッとしました。狙って倒せたのは大きい」とのこと。
3団体で世界ランク1桁台に位置し「準備はいつでもできている」と世界進出を望んだ。
2R 2分00秒 TKO勝ち

現在の戦績:23戦 22勝 1敗 17KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL19 03.MAR.2017

試合結果

ワールドプレミアムボクシング25
セミファイナル 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】杉田聖(奈良)


尾川堅一「4度の防衛に成功!」指名挑戦者杉田を判定で倒す!

再戦に次ぐ再戦。王者とはトップが故に追われるのは仕方がない。
5回に、尾川も倒す気合が炸裂した。力強いパンチで杉田を下がらせた。
6回、尾川のパンチで杉田も左目上部をカット!
お互いに出血しながら、苦しい試合を制したのは
「初戦も苦戦。今日も苦戦。成長がない。悔しい」と尾川は語るが、勝ちをおさめた!
判定勝ち

現在の戦績:22戦 21勝 1敗 16KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL18 03.DEC.2016

試合結果

ダイナミックグローブ556
メインイベント 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】内藤律樹(E&Jカシアス)


尾川堅一「3度の防衛に成功!」強い挑戦者を判定で倒す!

宿命ともいえる、前王者との再戦。
尾川も内藤も望んでいたであろう戦いは
尾川が8回に右ストレートをヒットさせて接戦を抜け出し、
全て2点差の3-0判定勝ちを収めた。
判定勝ち

現在の戦績:21戦 20勝 1敗 16KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL17 10.SEP.2016

試合結果

ダイナミックグローブ553
メインイベント 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】松下拳斗(千里馬神戸)


尾川堅一「2度の防衛に成功!」さらに最強に向けて。

51戦目、東洋・日本タイトル挑戦は7回目というベテランを相手に苦戦を
強いられたが、1回から積極的に攻めこんだ。ベテランの挑戦者を相手に、
なかなかペースを握れない。きわどい攻防戦が続き、5回終了時の公開採点は48-47が2者、48-48が1者という接戦だった。
10回、残り10秒、尾川がアッパーで起こし、浮いたアゴに強烈な左フックを打ち抜いた。尾川のTKOで幕を閉じた。


10R 3分04秒 TKO勝ち

現在の戦績:20戦 19勝 1敗 16KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL16 02.APR.2016

試合結果

ダイナミックグローブ Dangan148
メインイベント 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】杉田聖(奈良)


尾川堅一「初防衛!」次なるステップの扉を開けた!

挑戦者、同級1位・杉田聖(奈良)に対し、鋭い左ジャブやボディーを浴びせた。3回に入ると、得意の右ストレートを相手顔面にヒット。
挑戦者もひるまず、右ストレートを放ったが、
5回終了時の公開採点は3―0で尾川がリード。
後半戦は一進一退の攻防となったが。
9回、尾川が右ストレートで相手の動きを止めたところに左フックを合わせ、ようやく初ダウンを奪った。一度は立ち上がった杉田は態勢を整えられず、尾川のKOで幕を閉じた。


9R 1分36秒 KO勝ち

現在の戦績:19戦 18勝 1敗 15KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL15 14.DEC.2015

試合結果

ダイヤモンドグローブ Dangan148
メインイベント 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

尾川堅一(帝拳)【10回戦】内藤律樹(E&Jカシアス)


ついに、尾川堅一「新王者!」ついに世界を射程距離に!

試合開始のゴングと同時に尾川は一気に攻め込むと、初回終了間際に
強烈な右ストレートでダウンを奪い。5回にバッティングで内藤が
右眉から大流血。続行不可能と判断され、3-0の判定で勝利。

ベルトを手にした尾川は「頭を振って、距離をつぶす作戦通りに出来た。
自分の強さで相手のうまさをつぶせると思って戦った。相手は相当効いていたし、
負傷判定だが、自分としては満足している。チャンピオンになれてすごくうれしい。世界に1歩近づけた」
と喜びの声を発した。
5R 2分28秒 負傷判定勝ち

現在の戦績:18戦 17勝 1敗 14KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL14 22.SEP.2015

試合結果

ダイナミックグローブ541

尾川堅一(帝拳)【10回戦】デイビ・フリオ・バッサ(コロンビア)


相手選手を失神させる衝撃のKO勝利!!

WBC世界同級14位の17戦全勝を誇るバッサに対し、早い段階でのKO勝ちを期待したが、 さすがは世界ランカー、なかなか倒すことができず、試合は最終10Rまでもつれる。
だが、最後はKOをあきらめなかった尾川の強烈な右ストレートで、相手を豪快にぶっ倒し、
「自分は倒してなんぼの選手。意味のある試合になった」と頼もしいコメントで締めくくった。
来年の日本王座挑戦に向けて、大きな期待を抱かせる結果になった。
10R 2分32秒 TKO勝ち

現在の戦績:17戦 16勝 1敗 14KO

試合結果/ダイナミックグローブ538
VOL13 06.JUN.2015

試合結果

ダイナミックグローブ538

尾川堅一(帝拳)【8回戦】レイモンド・セルモナ(フィリピン)


7戦連続KO勝利!!

今回対戦する相手はフィリピンスーパー・フェザー級7位
OPBF東洋太平洋スーパー・フェザー級13位のレイモンド・セルモナ選手。
序盤から素早いジャブで相手を牽制し、右フックをかわしながら上下にパンチを散らし試合をコントロール。
中盤バッティングで右目尻をカットしたが、あせることなく試合を有利に進め
迎えた6回 強烈な右ストレート一発で相手を棒立ちにさせ、さらに鋭い右ストレートでダウンを奪いみごとKO勝ちを収めた。
今年こそは日本タイトル戦を実現してほしい。
6R 0分59秒 KO勝ち

現在の戦績:16戦 15勝 1敗 13KO

試合結果/ダイナミックグローブ534
VOL12 07.FEB.2015

試合結果

ダイナミックグローブ534

尾川堅一(帝拳)【8回戦】中野和也(花形)


衝撃の一発KO!!

前回の結果、日本S・フェザー級10位に浮上した尾川。 ランカーとの試合がなかなか決まらない中、 サウスポーの中野選手との対決となった。
お互いを探り合う1Rを経て、2Rには中野選手が左ストレートを打ち込み、 先手を取られたかに見えた尾川選手だったが、後半には右ストレートを決め緊張感みなぎる試合に。 3Rではセコンドの指示のもと左に回りこみ、狙いを定めて右ストレートをクリティカルヒット! 中野選手はキャンバスに叩きつけられノックダウン、主審は即試合をストップした。
今年早々、ワンパンチKOを勝ち取った尾川選手。日本タイトルをめざし、上位との対決を実現してほしい。
3R 0分51秒 TKO勝ち

現在の戦績:15戦 14勝 1敗 12KO

試合結果/ワールドプレミアムボクシング20
VOL11 22.OCT.2014

試合結果

ワールドプレミアムボクシング20

尾川堅一(帝拳)【8回戦】高畑里望(ドリーム)


今回の相手はスーパーフェザー級12位、念願の日本ランカーとの試合。 会場もいつもの後楽園ホールとは違う代々木第二体育館で、 どういう戦いを見せるかに注目が集まった。
試合の前半は、山中選手の世界防衛戦の前座ということもあり、 少し緊張と戸惑いが見られたが、ラウンドを重ねるにつれて 徐々にペースを握りはじめる。 後半では2度のダウンを奪い、最後は相手コーナーからタオルが入っての
TKO勝利。 会心の勝利とまではいかなかったが、タイトルマッチへ大きく近づいた!?
この試合の結果、日本ランキング10位に浮上。
7R 0分44秒 TKO勝ち

現在の戦績:14戦 13勝 1敗 11KO

試合結果/ダイナミックグローブ525
VOL10 7.JUN.2014

試合結果

ダイナミックグローブ525

尾川堅一(帝拳)【8回戦】ガブリエル・ロヨ(フィリピン)


当初、日本ランカーと試合予定だったが、実現せず。今回の相手も海外選手、フィリピン・Sフェザー級11位、日本ランカーではなくナショナルランカー。 2戦続けての海外選手にどのような試合を見せてくれるか注目! 1Rはいつも通り、相手の出方とスピードを図りながらの様子見。2Rに入りギアを上げると尾川選手のペースで試合が進む。 ただ、ロヨ選手も粘りを見せ、3Rで一度ダウンを奪うが、勝負は4Rまでもつれ込む。4Rはさらにギアを上げた尾川選手が一方的に攻めて、最後はレフェリーストップで試合終了。
この試合の結果、日本ランキング15位に復帰、早くタイトルマッチが見てみたい!
4R 0分38秒 TKO勝ち

現在の戦績:13戦 12勝 1敗 10KO

試合結果/ダイナミックグローブ522
VOL09 1.MAR.2014

試合結果

ダイナミックグローブ522

尾川堅一(帝拳)【8回戦】ヨン・アーメッド(インドネシア)


日本ランカーとの試合を期待しつつ、なかなか実現しない中、今日の相手は、デビュー以来初めての海外選手。 日本人選手とは違いクセのある海外選手との試合をどう乗り切るか楽しみにしていましたが、相変わらずのあっさりKO。 ダウンしたアーメッド選手は立つこともできず、今日一番の盛り上がりでした。もう少し見たかったというのが正直なとこです。
写真は試合終了後、観客席まで来てくれた尾川選手!
こういうきめ細やかな対応が、ファンの心をつかみます。
未来の世界チャンピオンをこれからも応援するぞ!
2R 1分0秒 KO勝ち

現在の戦績:12戦 11勝 1敗 9KO

試合結果/ダイナミックグローブ519
VOL08 2.NOV.2013

試合結果

ダイナミックグローブ519

尾川堅一(帝拳)【8回戦】三好 祐樹(FUKUOKA)


今日の試合は、初黒星を喫した相手でもある三好選手とのリベンジマッチ。前回が顎の骨折によるTKO負けだっただけに相手の攻撃をかわしながらの慎重な立ち上がり。 それでも開始1分すぎにあっさりとダウンを奪うと攻撃の手を休めず、さらに2度目のダウン。そこでレフェリーのストップと青コーナーからタオルが投入され、試合終了。
そもそもの実力が違っていたのか、あっさりリベンジを達成。
1R 2分14秒 TKO勝ち

現在の戦績:11戦 10勝 1敗 8KO

試合結果/ダイナミックグローブ514
VOL07 1.JUN.2013

試合結果

ダイナミックグローブ514

尾川堅一(帝拳)【8回戦】佐藤 駿介(北澤)


あご骨折による初黒星からの復帰戦。試合感覚は。。。
1Rは久しぶりの試合、復帰戦ということもあり、スローな立ち上がり。 2R、尾川選手がギアをあげると実力の違いかあっさりKO。久しぶりの試合をもう少し見たかったが、復帰戦を危なげなく勝ち、次に期待がもてる内容だった。

現在の戦績:10戦 9勝 1敗 7KO

試合結果/ダイナミックグローブ504
VOL06 4.AUG.2012

試合結果

ダイナミックグローブ504

尾川堅一(帝拳)【8回戦】三好 祐樹(FUKUOKA)


日本ランカーとの試合を期待していたが。。。
試合の方は、4Rまでは尾川選手のペースで試合が進むが、 5R始まってすぐ、リングサイドにいたファイティング原田氏がレフリーに向かって、 何か言っている。するとドクターチェックが入り、試合終了のゴング。 どこかのタイミングであごを骨折したことによるストップだった。
順調に来ていた尾川選手に初黒星がつく。
けがを早く治して復帰してほしい

現在の戦績:9戦 8勝 1敗 6KO

試合結果/ダイナミックグローブ500
VOL05 6.APR.2012

試合結果/ダイナミックグローブ500

ダイナミックグローブ500

尾川堅一(帝拳)【6回戦】村瀬 将司(畑中)


全日本新人王優勝後、久しぶりの試合。
調子は?と思っていたが、あっさりKO勝利!
早く日本ランカーとの試合が見たい。次戦に期待!

現在の戦績:8戦 8勝 6KO

試合結果/全日本新人王トーナメント決勝
VOL04 18.DEC.2011

試合結果/全日本新人王トーナメント決勝

全日本新人王トーナメント決勝

尾川堅一(帝拳)【5回戦】西脇 一歩(六島)


平成23年12月18日に後楽園ホールで行われた全日本新人王トーナメント決勝 スーパー・フェザー級に、尾川堅一選手が出場しました。。
試合は対戦選手のガードが堅く、KOは逸したものの、終始強打を浴びせ続け文句なしの判定勝ちー! おめでとう日本一!。
さらに、東日本に続き全日本新人王のMVPに選ばれましたー。
今後がますます楽しみです!。

現在の戦績:7戦 7勝 5KO

試合結果/東日本新人王トーナメント決勝
VOL03 03.NOV.2011

試合結果/東日本新人王トーナメント決勝

東日本新人王トーナメント決勝

尾川堅一(帝拳)【5回戦】伊原 健太(三迫)


平成23年11月3日に後楽園ホールで行われた東日本新人王トーナメント決勝 スーパー・フェザー級に、尾川堅一選手が出場しました。
試合は2R目に尾川選手の強烈な左フックが相手選手のボディにめり込み、一度目のダウンを奪い、その直後今度は、右ストレートで2度目のダウンで尾川選手の圧勝!
さらにこの大会のMVPに選ばれましたー。どんだけ強いんだ!

現在の戦績:6戦 6勝 5KO

【今後の日程】

  • 12/18 全日本新人王決定戦 後楽園ホール
試合結果/東日本新人王トーナメント準決勝
VOL02 27.SEP.2011

試合結果/東日本新人王トーナメント準決勝

東日本新人王トーナメント準決勝

尾川堅一(帝拳)【4回戦】濱名 潤(帝拳)


平成23年9月27日に後楽園ホールで行われた東日本新人王トーナメント準決勝 スーパー・フェザー級に、尾川堅一選手が出場しました。
相手は同門の濱名選手。双方手の内を知り尽くす中、試合は判定までもつれ込む。結果は3-0で尾川選手が勝利!
決勝では、華麗なKO勝利を期待したい。

現在の戦績:5戦 5勝 4KO

【今後の日程】

  • 11/3 決勝 後楽園ホール
試合結果/東日本新人王トーナメント準々決勝
VOL01 2.AUG.2011

試合結果/東日本新人王トーナメント準々決勝

東日本新人王トーナメント準々決勝

尾川堅一(帝拳)【4回戦】仲田 詢弥(大橋)


平成23年8月2日に後楽園ホールで行われました東日本新人王トーナメント準々決勝 スーパー・フェザー級に、尾川堅一選手が出場しました。
試合は1ラウンドTKOで見事に勝利を飾りました。(早すぎ!)尾川選手の今後に活躍が楽しみです。

現在の戦績:4戦 4勝 4KO

【今後の日程】

  • 9/27 準決勝 後楽園ホール
  • 11/3 決勝 後楽園ホール

 

  • イマリコーポレーション/ホームページ
  • 高濃度バナジウム水/富士朝霧天然水
  • 新潟こしひかり